コインパーキング運営にかかる費用

GL051
コインパーキングに掛かる費用について調べてみました。

≪初期投資≫

土地がすぐ利用できるような状態ならいいのですが、建物解体、舗装、整地、歩道の切り上げなどの費用がかかることもあります。
すべて自分で運営・管理するのであれば、ロック装置や看板、精算機などの機械代が掛かります。
5台ぐらいの駐車場でも、数百万かかることはあります。
購入ではなく、リースという方法もあります。
管理をコインパーキングの専門会社に依頼するなら、機械を導入する費用はかかりません。

≪毎月かかる費用≫

管理をコインパーキング業者に依頼するなら、管理費を支払わなくてはいけません。
機械をリースするなら、当然リース代も必要です。
他にも監視カメラやライト、機械の動作にかかる電気代、貸地なら土地の賃料もかかります。
もし駐車場の清掃を他に依頼するのであれば、その費用も考慮しましょう。

≪機械のメンテナンス・修理代≫

機械が壊れてしまうことだってあり得ますし、少しでも良い状態を保つならメンテナンスも必要です。
特殊な機械だと専門業者のメンテナンスが必要なので、そこでも費用が発生します。
運営をすべてコインパーキング業者に依頼しているなら、毎月の管理費だけですむこともあります。

 

コインパーキング運営

露出補正を使って商品撮影

現在では自分でネットオークションを利用して、個人的な商品売買が盛んに行われるようになりました。

その時、出品する側は、魅力的な商品に見えるように写真を出さなければなりません。
商品撮影がとても重要になって来ます。
デジタルカメラで撮影する場合、様々な機能が付いていますので利用すると良いでしょう。
昔のカメラには付いていない良い機能もあります。
例えば、露出補正と呼ばれる物があります。
この露出補正を使用をすれば簡単に写真の明るさを調節する事が出来ます。
写真映りで重要になって来るのは、どのようなイメージを見てくれた人に感じてもらいたいのかという部分でしょう。
それによって商品が魅力的に見えるのか、見えないのかが全く違って来るからです。
ちょっと重たい感じ、あるいは、クール、渋いイメージにしたければ少し薄暗くしてみるのも良いかもしれません。

FX015_L
逆に、ポップに感じて貰いたかったり、あるいは、明るさ等を感じて貰いたければ露出補正を使って明るさをコントロールしてみましょう。
それによって簡単にイメージを変化させる事が出来ますのでオススメの機能と言えるでしょう。
商品撮影にはこのような機能を使って素晴らしい商品に見えるようにしなければなりません。

 

商品撮影

土地の資産価値下落の理由

家を建てる際に、将来売るときことを考え方は少ないと思います。

GA009_L
ただ建設時に良かれと思ってやったことが、後々土地の資産価格を下げる結果に繋がることがあるんです。
それがセメント系柱状杭や鋼管杭。
地盤調査の結果、地盤改良を行い軟弱な土地を強固なものにし、家を建設していきます。
その時、軟弱な地盤が地表2メートル以上続いているようだと「柱状改良工法」や「鋼管杭工法」などの工法が取られるのが一般的です。
地表にセメント状の柱や鋼管を差込み、それを土台にして家屋を建設するのですが、そのセメント系柱状杭や鋼管杭が産業廃棄物と認定される可能性があります。
またセメントは土に混ぜることで六価クロムという有毒な発がん性物資を作り出すことも。
もし、そのような物質で庭が汚染などされていたら、その浄化費用もかかることになります。
マイホーム建設時は判断しなければいけないことが多数あり、専門用語も多く飛び交い、ついつい業者任せになってしまうこともあるでしょう。
しかし、一購入者として業者と対等な立場でやり取りをすることで、建物の全性はもちろん、将来的な資産価値も守ることにもなるんです。
もしお子様がいて、ゆくゆくは相続して財産にして欲しいなどと考えている方は、ぜひ地盤改良の細かい点まで考慮されてみてください。

地盤調査

不同沈下で地名を意識する。

業者が万全という地盤でも不同沈下が起こる可能性はあります。

FV050_L
だから、地盤保証をもしっかり意識しなければならないですし、不同沈下とは一体何かについて、しっかりセルフチェックも行っていかなければならないです。
悪徳業者が、埋め土で、建築廃材など混ぜて当たり前のように不同沈下が起こる場合もあります。
悪徳業者を見破るコツとともに、更にみなさんに意識していただきたいのは、地名をもしっかりチェックすることで、ある程度ここの場所は、不同沈下が起こりやすい場所・・・ということも判断が出来るかもしれません。地名から不同沈下を読みとるという手がかりは、いわば、歴史がらみの不同沈下の判断ですから、悪徳業者でない業者であっても、将来の不同沈下を回避出来ない要素をもかかえているようなのです。
例えば、 水・川・谷・沢・河・・・という名が地名に含まれている場合、将来、不同沈下のために何らかの対策を取るべきなのではないでしょうか。
亀・貝など、水に住む生物が、地名に付いている場合にも、いずれ、みなさんの地盤は、沈下する可能性を含んでいるということです。
田・畑・井などの地名も、充分怪しんでいただきたいと思いますね。
結構そのような地名って多いですからね。